CONCEPT

コンセプト

コンセプト
写真/2013年に行われた100年企業「燕物産株式会社」展に展示された、「Laurel 月桂樹」大正時代から続く日本最古のカトラリーデザイン展示。

これからもずっと

匙屋(しゃじや)に徹す。

 

日本の創業100年超の「長寿企業」は2万7,335社。2014年帝国データバンクの集計したデータとして発表されています。都道府県別に見ると新潟県が4位の1,223社にのぼり、「燕物産株式会社」も2011年に創業100年を迎えました。

2013年11月には、燕市に産業を導いた燕物産株式会社の歴史と変遷を展示した展覧会を燕市の主催で開催されました。

 

日本で最初に金属洋食器製造会社として、新潟県燕市に明治44年(1911年)に創業してから104年を迎えました。

 

燕物産は、会社の維持存続と社員の啓発向上を図るため“匙屋(しゃじや)に徹す”という経営理念に基づき、スプーン・フォーク・ナイフといったカトラリーの開発・製造・販売を生涯の喜びとし、お得意様の満足を御利益(ごりやく)= 利益とするという教えを守っています。

 

燕市は「洋食器の町・燕」と呼ばれる金属加工、ものづくりの町として知られてきました。燕産地への社会的責任を果たす意味でも、会社の維持存続と社員を守るための努力を続けます。

 

近年は生産拠点の海外流出で産業が衰退してきましたが、ようやくMade in Japanの良さが見直されつつあります。この機会に陶磁器やガラスの食器メーカーとのコラボレーションや食文化に目を向けた時代のニーズに合った金属製品の開発を進めて行きたいと考えています。

これからもずっと、 日本最初のカトラリー製造・販売会社として、 匙屋(しゃじや)に徹して行きます。

 

代表取締役社長 捧 和雄

本社・工場

新潟県燕市小池3501番地

TEL 0256-63-6511(代)

東京支店

東京都千代田区外神田2-4-6

ビルディング・ササゲ9階

TEL 03-3255-8531(代)

 

Order made
Order made

■取扱海外ブランド

Brand
Brand

■品質保証

Quality Assu
museum
museum