会社情報


沿革


宝暦元年(1751年) 初代捧吉右ェ門は金物屋を開業。以来代々金物商を営み「金物屋の吉右ェ門」から屋号を(かなきち)と称す
明治44年 4月 第八代捧吉右ェ門は、東京銀座の十一屋(じゅういちや)から洋食器の注文を受け、これが日本の金属洋食器の発祥となった
大正10年 ステンレス製洋食器の製造に着手
大正11年 平和記念東京博覧会 金牌受領
昭和 7年 東南アジア諸国へ洋食器輸出販路拡充
昭和8年 捧松栄逝去
昭和11年 七代目 捧吉右衞門の逝去により八代目 捧吉右衞門襲名(44歳)
昭和19年 1月 捧吉右ェ門商店を燕物産株式会社と改組
昭和30年 世界各国へ輸出急増
昭和48年 7月 本社・工場落成
昭和49年 2月 東京支店ビル竣成
昭和49年 4月 総理府の御用命により赤坂迎賓館へ金属洋食器・器物を納品
昭和55年 第八代捧吉右ェ門は米寿を機に会長に、捧百輔は社長に就任
昭和56年10月 皇太子殿下(今上陛下)、皇太子妃殿下(皇后陛下)の御行啓を賜る
昭和59年 1月 第八代捧吉右ェ門の逝去により、捧百輔は第九代捧吉右ェ門を襲名
平成元年10月 第九代捧吉右ェ門は会長に、捧昭栄は社長に就任
平成 5年 5月 Prime Minister Dato Seri Mahathir bin Mohamadマハティール・マレーシア首相御夫妻本社工場を御視察。
平成 8年 3月 外務省の迎賓館、飯倉公館に五七桐御紋付金属洋食器(ラクリマ)を納品
平成 19年11月 捧昭栄は相談役に、捧和雄は社長に就任
平成 23年  金属洋食器製造100周年を迎える
平成 25年12月 100年企業「燕物産株式会社」展、燕市主催で開催

迎賓館1

赤坂迎賓館御納品金属洋食器

 昭和49年4月、総理府の御用命により五七桐御紋付銀食器(金属洋食器と卓上器物)を製作、納入し、今日まで継続している。

迎賓館開設当時、英国エリザベス女王や米国フォード大統領の晩餐会、その後40年間に渡り、国賓の晩餐会にご使用。

 

 

迎賓館2
迎賓館3

外務省迎賓館飯倉公館

平成8年、五七桐御紋付銀食器を納品。


会社概要


会社名 燕物産 株式会社
代表者 捧 和雄
本社工場

〒959-1276

新潟県燕市小池3501番地

 

電話:0256-63-6511

FAX:0256-63-6516

Mail:tsubame@tbcljp.com

東京支店

〒101-0021

東京都千代田区外神田2丁目4番6号

ビルディング・ササゲ9階

 

電話:03-3255-8531

FAX:03-3255-8535

Mail:tokyo@tbcljp.com


交通アクセス

 

本社・工場

 

JR:上越新幹線 燕三条駅から車で10分

関越自動車道 三条燕ICから車で10分

 



 

東京支店