燕物産博物館
 MUSEUM

web Museumカトラリーの歴史





Movie


平成25年(2013年)12月、燕産業史料館で開催された、100年企業「燕物産株式会社」展。

100年変わらないデザインの「月桂樹」。販売促進用にムービーを作成しました。


燕物産の歴史


最古の日本製カトラリー

日本で最初に製作された洋食器

燕物産㈱は、明治44年(1911年)4月、日本最初の金属洋食器を製造し、燕産地の先駆けとなった。

 

現在、燕市の洋食器業界で日本の金属洋食器の95パーセント以上を生産している。

明治維新後、西洋料理の伝播とともに十一屋(じゅういちや)は、ヨーロッパから西洋食器を輸入していたが、ナイフ、フォーク、スプーンの国内製作を捧吉右ェ門商店(燕物産の前身)に依頼。

 

鎚起銅器の玉栄堂(ぎょくえいどう)で手造りし、第7代捧吉右ェ門、第8代捧吉右ェ門、捧栄松の三兄弟を中心に基盤を築いた。

燕産地の職人技術、鎚起(ついき)や「かた切り」が洋食器の金型、成形、研磨に活かされている。

写真説明 : 真鍮の材料を鎚起の技術を活かし、金鎚で敲き広げて成形した。表面の鎚目を炭で研ぎ、全て手作りで仕上げた。スプーンの皿やフォークの刃先は、現在の機械加工より美しい仕上がりである。

カトラリー2

洋食器からカトラリーへ

開国後、西洋の文化が日本に伝播し、衣食住が和と洋に分かれ、和服、和食、和室と洋服、洋食、洋室と呼び分けるようになった。

 

食器も和食器と洋食器に区分けされ、洋食器は西洋料理の陶磁器を意味したためナイフ、フォーク、スプーンの金属食器を金属洋食器と呼ぶようになった。

 

20年位前からデザイナーやコーディネーターがカトラリーと呼び始め、国内一般に使用されているが、カトラリーは刃物を意味し、金属洋食器の総称ではない。ナイフ、フォーク、スプーンが伝来し、100年が過ぎたが、いまだに適語は無く、食器の展開もこれからである。

 

燕物産は、代々伝えられ、愛され続ける「食器創り」に精進し、日本の食文化への貢献を目指す。

 

現在の製品

匙(さじ)

正倉院の御物に匙がある。ヨーロッパからシルクロードを経て、中国、韓国そして日本にも伝えられたが、日本では箸だけが残り、匙は途絶えた。

 

明治の文明開化まで匙を使うことは無かった。

燕の職人達は、見慣れぬスプーン、フォークを「しゃじ(匙)」、「びびら」と身近な物に準えて呼び、今でも、「しゃじ」「しゃじ屋」と愛着の表現を続けている。

 

燕物産の経営理念、「匙(しゃじ)屋に徹す」とは、「しゃじ」を作ることに喜びを感じ、「しゃじ」を売ることに喜びを感じる。創業の精神を11代目の世代に伝え、次なる100年に「ものづくり」を繋げたい、切なる思いである。