燕物産 工場物語

食器場 プレス担当

 

瀧澤 愛美里(タキザワ アイリ)

2004年3月7日新潟県五泉市生まれ

2022年4月入社。

モノづくりがしたいと探して見つけたカトラリー業界。ベテラン職人達に支えられてプレス加工を始めた18歳、Z世代の女性職人。→詳細

 

 

食器場 レース担当

 

赤塚 正敏(アカツカ マサトシ)

1956年9月22日新潟県燕市生まれ

1980年入社 勤続42年(2022年10月現在)→詳細

 

 

包装場

 

渡辺 正則(ワタナベ マサノリ)

昭和29年1月16日生まれ。

昭和47年4月入社、勤続46年。

詳細

製造部一課 ロール担当

 

斎藤 政明(サイトウ マサアキ)昭和16年1月18日生まれ。

昭和56年燕物産株式会社入社、60歳で一度退職しその後、再雇用で勤続年数37年。→詳細

 

 


製造部一課 プレス担当

 

塩原 登(シオバラ ノボル)

昭和24年2月1日生まれ。

昭和39年に燕物産株式会社入社、勤続年数54年。

詳細